番組

NHK「映像の世紀」シリーズの評価と動画視聴方法まとめ

2020年5月6日

 

NHKの「映像の世紀」がすごく良いって聞くけど、どんな番組?
どうやって見ればいいの?

本記事はそんな疑問にお答えします。

 

サクッと視聴方法だけ知りたい方はここからジャンプ

 

 

「映像の世紀」とは?

(出典:NHK)

「映像の世紀」は1995年3月からNHKスペシャルにて放送されたドキュメンタリーです。
第二次世界大戦の戦後50周年NHKの放送開始70周年映像発明100周年記念番組としてNHKとアメリカABCの国際共同取材で制作された、大変気合いの入った番組でした。

『映像の世紀』は、世界各国から集めた膨大な記録フィルムをもとに構成し、第1次世界大戦から、第2次世界大戦、東西冷戦からベトナム戦争、民族紛争へと続く、激動の20世紀の本質を描き出した。
フランスのリュミエール兄弟が最初の映画・シネマトグラフを公開したのが1895年。『映像の世紀』は、映画誕生100年にあたる1995年の放送をめざし、その5年前から制作スタッフが周到な準備作業と収集を進め、実現した番組だった。(出典:NHK公式HP

NHKとアメリカABCが世界30か国を超える資料館や公文書館、個人のコレクターにまでアプローチし、約1万本の貴重な映像を発掘。
当時番組制作にあたっては、下記3つの方針が決められました。

  • 世界史に残る有名な出来事でも、映像で描けないものは落とす
  • 新たな証言者へのインタビューは行わない。全て資料映像に語らせる
  • 完成した作品ではなくできる限り映像の一次資料に語らせる

当時のドキュメンタリーでは、学者のインタビューを使わないのは「非常識」な手法。
史料映像だけで番組を作ることは非常に手間がかかる作業で、資料調査や発掘など制作には5年を要したそう。

その労力が見事に実り、初回放送から25年経った現在でも「NHKドキュメンタリーの傑作」「NHK最強コンテンツ」と語り継がれる人気作品になっています。

 

【映像の世紀】 総収録時間:74分×全11集=814分

集数 タイトル 初回放映日
第1集 20世紀の幕開け 1995年3月25日
第2集 大量殺戮の完成 1995年4月15日
第3集 それはマンハッタンから始まった 1995年5月20日
第4集 ヒトラーの野望 1995年6月17日
第5集 世界は地獄を見た 1995年7月15日
第6集 独立の旗の下に 1995年9月16日
第7集 勝者の世界分割 1995年10月21日
第8集 恐怖の中の平和 1995年11月18日
第9集 ベトナムの衝撃 1995年12月16日
第10集 民族の悲劇果てしなく 1996年1月20日
第11集 JAPAN 1996年2月24日

ナレーション:山根基世(NHKアナウンサー)
声の出演:青二プロダクション

 

「新・映像の世紀」「映像の世紀プレミアム」の違いを解説

「映像の世紀」には下記のシリーズがあります。

  1. 映像の世紀 (1995)
  2. 映像の世紀 デジタル・リマスター版 (2015)
  3. 新・映像の世紀 (2015)
  4. 映像の世紀プレミアム (2016)

違いを明確に解説している情報が少ないので、少しわかりにくいですね。

まず①「映像の世紀」は1995年に放送されたオリジナルです。

②「映像の世紀 デジタル・リマスター版」は①の映像・音声をデジタルリマスターしたもの
一部シーン・ナレーションの見直しやBGMの差替えが行われていますが、基本的な内容は同じです。

現在一般的に「映像の世紀」と言われているのはこのデジタルリマスター版です。

③「新・映像の世紀」、④「映像の世紀プレミアム」については下記にて詳しく紹介します

 

「新・映像の世紀」

(出典:NHK)

「新・映像の世紀」は2015年10月~2016年3月に放送されたNHKスペシャルです。
旧「映像の世紀」の放送から20年がたち、NHK放送開始90周年・終戦70周年記念特番として制作されました。

旧「映像の世紀」と違う点は、

  • デジタルリマスターを施した旧作映像に替えて、新たに発掘した映像を大幅に追加
  • 映像の時代が始まった100年前から現在に至るまでを6つの時代に区分し、新たな事実を掘り起こした
  • 歴史を動かした様々な人物の人間ドラマに重点を置き、改めて20世紀を振り返る

旧作とはテイストが違うため賛否両論もありましたが、多額の費用をかけて新たな史料映像が追加され、NHKの威信をかけた番組となっています。

 

【新・映像の世紀】総収録時間:73分×2集+49分×4集=342分

集数 タイトル 初回放映日
第1集 第一次世界大戦
百年の悲劇はここから始まった
2015年10月25日
第2集 超大国アメリカの出現
グレートファミリー 新たな支配者
2015年11月29日
第3集 第二次世界大戦
時代は独裁者を求めた
2015年12月20日
第4集 冷戦
世界は秘密と嘘に覆われた
2016年1月24日
第5集 激動の1960年代
若者の反乱が世界に連鎖した
2016年2月21日
第6集 21世紀の潮流
あなたのワンカットが世界を変える
2016年3月20日

ナレーター:山田孝之・伊東敏恵
吹き替え:81プロデュース

 

「映像の世紀プレミアム」

(出典:NHK)

「映像の世紀プレミアム」は「映像の世紀」と「新・映像の世紀」の内容を再構築したシリーズです。

旧2作との違いは

  • 旧2作の映像を再構築し、さらに未公開映像や新たに発掘された映像も追加
  • 旧2作は映像を時系列に紹介していたが、「映像の世紀プレミアム」は毎回のテーマごとに映像を紹介
  • 毎回テーマの内容も人物の物語を掘り下げて構成

新旧「映像の世紀」のスピンオフとして企画され、新たな切り口での番組構成となっています。

結果として新旧「映像の世紀」+未公開映像、合計約22時間というシリーズ最長のコンテンツ量となっており、一番見応えがある作品。

どれから見ようか迷う方は、まずこの作品を観れば間違いないと言えますね。

 

【映像の世紀プレミアム】総収録時間:1,326分

集数 タイトル 初回放映日
第1集 世界を震わせた芸術家たち 2016年5月28日
第2集 戦争 科学者たちの罪と勇気 2016年8月13日
第3集 世界を変えた女たち 2016年12月3日
第4集 英雄たちの栄光と悲劇 2017年3月18日
第5集 グレートファミリー 巨大財閥の100年 2017年6月10日
第6集 アジア 自由への戦い 2017年8月19日
第7集 極限への挑戦者たち 2017年12月16日
第8集 アメリカ 自由の国の秘密と嘘 2018年2月10日
第9集 独裁者 3人の“狂気” 2018年6月16日
第10集 難民 希望への旅路 2018年8月11日
第11集 運命の3つの都 パリ・ベルリン・ニューヨーク 2018年12月8日
第12集 昭和 激動の宰相たち 2019年3月9日
第13集 戦場の黙示録 2019年6月22日
第14集 運命の恋人たち 2019年11月30日
第15集 東京 夢と幻想の1964年 2020年1月3日

 

「映像の世紀」の評価・評判

Twitterでのコメントを紹介します。

評判・評価まとめ

  • 後世に残すべき最高のドキュメンタリー番組
  • つい100年ほど前からの出来事。教養として見ておくべき作品
  • 人の話を聞くよりも、本を読むよりも、リアル。これが現実か。
  • 構成がシンプルな分、今見ても全く色あせない
  • 現代史を勉強するのにベストな教材
  • 驚くべき内容だ。そして、自分の子どもたちにも見せるべき
  • 死体や残酷な映像もカットせず使われているのが貴重

 

「映像の世紀」の音楽「パリは燃えているか」・コンサート

シリーズのテーマ音楽「パリは燃えているか」。
音楽は作曲家の加古隆さんが担当。

映像との相乗効果もあって、大変印象に残る名曲ですね。
映像の世紀サウンドトラックも発売されています。

 

映像の世紀コンサート

「映像の世紀」の圧倒的映像をスクリーンで観ながら、加古隆のピアノ&オーケストラの生演奏を体験できるのが「映像の世紀コンサート」。

2016年から各地で開催され、大変人気を呼んでいるコンサートです。

音楽が語る言葉が映像と一つになって大きな力に!ピアニスト・加古隆インタビュー

この「映像の世紀コンサート」もブルーレイで発売されています。

 

次に「映像の世紀」の視聴方法を紹介します。

 

「映像の世紀」の視聴方法

「映像の世紀」を見るには再放送を待つのもありですが、スケジュールが不定期なので忘れてしまいがちですね。
また断片的な動画がYoutubeなど無料サイトにアップされている場合がありますが、画質も悪く違法なのでおすすめできません。

「映像の世紀」を安全快適に、すぐに見る方法は下記の3つです。

  • ブルーレイ・DVD購入
  • DVDレンタル
  • NHKオンデマンド

それぞれ説明していきます。

 

ブルーレイ・DVD購入

映像の世紀はブルーレイ・DVD-BOXが発売されています。
素晴らしい番組なので、ぜひ購入したいという方はこちらからどうぞ。

ただ注意点が2つ。

1つ目は、「映像の世紀プレミアム」はDVDが発売されていないこと。

2つ目は、価格がそれなりに高いこと。(昔よりはずいぶん安くなったようですが)
記事作成時点では、新旧BOX全部で 約61,380円(NHK公式サイト)~最安約48,000円ほどとなっています。

 

DVDレンタル

そんなに高いのは購入できないよ、という方はDVDレンタルの方法もあります。
ただ少しマニアックな番組なので、必ずしも近くのレンタル店にあるとは限りません。
確実に借りるためには、下記の宅配レンタルの利用がおすすめです。

TSUTAYA DISCAS

DMM DVD/CDレンタル

この方法のメリットは、どちらも無料トライアル期間があるので「無料」で借りられることです。
わざわざ店舗に行かなくて済むのもいいですね。

一方でレンタルなので「空いていたら順番に借りられる」仕組み。商品がすぐに確保できず、場合によっては結構待つ可能性があるのがデメリットです。

 

NHKオンデマンド

もっともおススメするのがこの方法です。メリットは

  • インターネット環境があれば「今すぐ」見られること
  • 月額990円(税込)で済むこと
  • 「映像の世紀」「新・映像の世紀」「映像の世紀プレミアム」が全て見られること
    (ただ2020年5月時点でプレミアム1~4集、12集がなぜか見れないのが残念なところ)
  • 大河ドラマや連ドラ、Nスぺなどほかの膨大なNHKオンデマンド作品が見放題になること

NHKオンデマンドを申し込む方法は下記4つ。

  1. NHKオンデマンド公式HPで登録する
  2. Amazon Prime Videoで登録する
  3. U-NEXTで登録する
  4. 上記以外の動画配信サービスで登録する(→公式HP参照)

それぞれ特徴がありますが、どの方法を利用しても月額990円(税込)は同じです。

全てを説明すると長くなってしまうので、最も有利な「U-NEXT」を利用する方法を次から紹介します。

 

U-NEXTでNHKオンデマンドを登録する方法

「U-NEXT」の無料トライアルを申し込んで、もらったポイントを使用すると「NHKオンデマンド」を月末まで無料視聴できる。

「U-NEXT」は東証一部上場、日本最大の配信本数を誇る安全な動画配信サービス。
NHKオンデマンド「見放題パック」は、そのU-NEXTで月990円の有料コンテンツとして配信されています。

U-NEXTでは31日間の無料トライアルができるので、これを利用して最長1ヶ月のNHKオンデマンド無料視聴が可能です。

 

申込は次の4ステップで簡単です。

 

step
1
「U-NEXT」の無料トライアルに登録する

下の青いボタンで開いたページから、「今すぐ観る」をクリックして登録できます。

U-NEXTでNHKオンデマンドを無料視聴してみる【1000ポイント還元】

 

このページが開きます

 

step
2
加入特典として1,000円分のポイントがもらえる

⇒ 上記のページから登録が完了すると、1,000ポイント還元されます。
(上記ボタンだけ通常600ポイント⇒1,000ポイントへ増額されるキャンペーンなので注意してください)

 

step
3
もらったポイントから990ポイントを使って「NHKオンデマンド」を申し込む

NHKオンデマンドの見たい番組を選んで、「まるごと見放題パック」を選べば、他の番組も自由に見ることができるようになります
(分かりにくければこちらの関連記事を見てください)

 

step
4
無料視聴を申し込んだ月の月末までに、U-NEXTを解約する

上記の4ステップで、NHKオンデマンドを最長1カ月無料視聴できます

 

ココに注意

U-NEXTの無料期間内であっても、翌月1日になると翌月分990円が課金されてしまいます。

完全無料にするには

「月末までにU-NEXTを解約する」 または
「月末までにNHKオンデマンドの自動更新を解除する」

という必要があるので注意してください。

(詳しい解約方法はコチラ  自動更新解除方法はコチラ

たけよし
月の初め頃に無料視聴を申し込むのがお得ですよ。
それと月末までに解約またはNHKオンデマンド自動更新解除を忘れずに!

U-NEXTでNHKオンデマンドを無料視聴してみる【1000ポイント還元】

 

(Twitterでの声)

 

無料視聴だけで十分な方は、スマホのスケジュール登録などを利用して解約手続きを忘れないでくださいね。

 

 

NHKオンデマンドを継続する場合は、「U-NEXT」または「Amazonプライム」経由がおすすめ。

無料トライアルのあとNHKオンデマンドを継続する場合は、次の2つの方法がおすすめです。
(詳しい理由は関連記事をご覧ください)

  • 既にAmazonプライム会員の人 月額 1,399円(税込)
    ➡AmazonプライムビデオでNHKオンデマンドチャンネルを追加
    (Amazonプライム会費月409円+NHKオンデマンド990円)
    そんなに映画・ドラマを見ない方、コスパ重視の方はこちらがおすすめ。
  • U-NEXTが気に入った人 月額2,189円(税込)
    ➡月額は一見高いが、毎月還元される1200ポイントをNHKオンデマンド990円に使用すればAmazon+790円で大量の映画やドラマ、アダルト見放題がついてくる
    これにメリットを感じられればおすすめ。

 

たけよし
ぼく個人の使い方は、
U-NEXTをメインサービスとして契約
・NHKオンデマンドを見たい月は月初にポイント使って申込
・NHKオンデマンドを見ない月は解除してポイント温存
→6か月繰り越しできるので新作などでポイント利用
みたいな感じにしています。参考までに!

 

詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ👇

U-NEXT実際使ってみた満足度は?|メリット・デメリットを正直レビュー

  現在急拡大中の動画配信サービス。 いろんなサービスがありすぎて、分かりづらいですよね。 その中でも業界No.1の配信本数を誇る『U-NEXT』について、実際に契約してみた感想をレポートし ...

続きを見る

NHKオンデマンドのメリット・デメリットをレビュー|無料体験した感想と口コミを紹介

    「NHKオンデマンド」って月990円もするんだよね。 それだけの価値があるのかなー。 どんな番組が見れるんだろう?   「NHKオンデマンド」ってあまり宣伝してな ...

続きを見る

 

たけよし
じっくり「映像の世紀」を楽しんでくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

 

-番組

Copyright© BLOG 二兎を追うものは。 , 2020 All Rights Reserved.