U-NEXT

U-NEXT実際使ってみた満足度は?|メリット・デメリットを正直レビュー

2020年3月15日

 

現在急拡大中の動画配信サービス。
いろんなサービスがありすぎて、分かりづらいですよね。
その中でも業界No.1の配信本数を誇る『U-NEXT』について、実際に契約してみた感想をレポートします。

 

「U-NEXT」って月1,990円もするんだよね。
ほかはだいたい1,000円もしないのに。
よっぽど映画を見る人向けなんだよね?
おすすめしてるサイトも多いけど、実際どうなの?

 

正直なところ、ぼくもこれまで月1,990円は高いよなーと敬遠してました。既にAmazon Prime会員なのでPrime Videoで十分かなと。
ただ「U-NEXT」を実際に利用してみたところ、いろいろ分かったことがあるので利用者目線でお伝えしたいです。
たけよし

 

まず最初に結論をお伝えします。

結論

「U-NEXT」にはかなり満足。
普段から映画やテレビを多く見る人には、十分おすすめできる。

以下、その理由やメリット・デメリットを紹介していきます。

 

 

U-NEXTのサービス内容

【料金・ポイント】

 月額料金:1,990円(税抜) 31日間無料  毎月1,200ポイント還元

【コンテンツ】

・配信数:見放題14万本、レンタル(ポイント作品)3万本

出典:U-NEXT公式HP


・書籍・ライトノベル・漫画:35万冊以上

・雑誌読み放題:70誌以上

・画質:フルHD

 

使ってみて分かった「U-NEXT」のメリット

<コンテンツ面のメリット>

①配信本数がとにかく多い

下の図の通り、配信本数は他社比でダントツ。よほどのこだわりがないなら、だいたいをカバーできるという印象です。

出典:U-NEXT公式HP

 

出典:U-NEXT公式HP

 

②新作の配信が早い。

U-NEXTの新作映画の配信のタイミングは、ほぼDVD発売と同じで早いです。なかにはDVD発売に1か月以上先行して配信されることもあり、ラインナップも豊富。
最近は劇場公開からDVD化されるまでが短いので、劇場で人気だった映画も、少し待てばすぐに見られます。

 

③ポイントが毎月1200ポイント還元される。

還元されたポイントは、下記のような使い道があります。

月額1,990円でも1,200ポイントが還元されるので、有効にポイントを使えばほかの動画配信サービスとそれほど変わりません。

  • レンタル作品に使用する
    ⇒ 新作はだいたい440ポイントか550ポイントなので、月に2本は見ることができる
  • 作品を購入する
    ⇒ 購入すると視聴期間は無制限になります
  • NHKオンデマンドをプランに追加する(後述)
    ⇒ 月990ポイントでNHKオンデマンド「まるごと見放題パック」を契約できる
  • 電子書籍を購入する
    ⇒ コミックやラノベ、書籍が購入できる
  • 映画チケットを購入する
    ⇒ イオンシネマ、ユナイテッド・シネマ、松竹マルチプレックスシアターズなどで映画チケット割引に使えます

 

③「NHKオンデマンド」を還元ポイントで契約できる

これはU-NEXTを契約するまで全然知らなかったサービスでした。そのうえNHKと直接契約するよりメリットたくさん。

NHKオンデマンドを契約すると、「朝の連ドラ」、「大河ドラマ」、「ブラタモリ」などのバラエティー、「NHKスペシャル」など良質なコンテンツの見逃し配信や、過去のアーカイブ番組が視聴できます。

実は本家よりも便利!

U-NEXTはテレビ視聴ができる (なんと本家NHKオンデマンドはパソコン・スマホのみ!)

4K画質で視聴できる (なんと本家NHKオンデマンドの方が低画質)

毎月の還元ポイントから990ポイント払えば追加料金なし

メモ

2020年3月1日から「NHKオンデマンド」の2つのパックが「まるごと見放題パック」に統合されました。
これで1つのパックで最新作見逃しもアーカイブも両方見られるようになり、サービス内容がかなり向上しました。

無料視聴期間に「NHKオンデマンド」を契約すると、無料期間の還元ポイント600ポイントとの差額390円が請求されます

NHKオンデマンドは毎月自動更新されます → いやな場合は毎月自動更新解除する手間が発生

 

たけよし
こちらの記事から進んでもらうとNHKオンデマンドの無料お試し視聴ができます!
NHKオンデマンドの加入はNHK公式サイトじゃなく「U-NEXT」か「Amazon」経由がおすすめな理由。【まるごと見放題パック】

  NHKオンデマンドって、朝の連ドラとか大河ドラマとか、NHKスペシャルの過去の番組を見られるんだよね? NHKの公式サイトで申し込めばいいの? 無料のお試しとかはできる?   ...

続きを見る

 

 

④国内ドラマはいろんな局が見られる

国内ドラマの配信本数については、トップが「Hulu」で2番手が「U-NEXT」。

ただ「Hulu」は日テレ傘下なので、コンテンツは日テレ主体の構成になってしまいます。

U-NEXTはいろいろな放送局のドラマが見られるので、各局のドラマを少しずつ見るには最適です。

ただ最新作見逃しについては課金コンテンツが多いです。

 

⑤成人向けコンテンツがある

メジャーな動画配信サービスのなかで唯一、アダルトコンテンツが提供されています。

しかも見放題作品だけで18,000本とかなり充実。正直、男性ユーザーにとってはこれだけでも利用価値が高い・・・

アダルト専門サービスより、契約の罪悪感が少ないですよね。そのうえ

・ファミリーアカウントを使えば表示内容や視聴履歴を別々に管理できる

・R指定やアダルトコンテンツは親アカウントしか表示されない

・アダルトコンテンツの視聴履歴は残らない (マイリストは残る)

・スマホアプリからは見ることができない(うっかり再生防止 → ブラウザからは見られる)

 

プライバシー面でも至れり尽くせりで、かゆい所に手が届く仕様となっています。

 

<機能面のメリット>

①アプリにダウンロード機能あり

最近では当たり前の機能にはなっていますが、モバイルデータ通信料を減らすために欠かせない機能ですね。

(一部ダウンロードできない作品があります。またNHKオンデマンドはダウンロードできません)

 

②ファミリーアカウントを3つ追加できる

ファミリーアカウントを3つ追加できるので、家族それぞれが同時視聴ができ、視聴履歴を別々に管理できます。子アカウントの購入制限も可能です。

私の母親は年金生活で家でテレビを見ている時間が長いのですが、私の子アカウントを使って「NHKオンデマンド」を見られるようになりとても喜んでいます。

別居の家族でも大丈夫なので、工夫次第でファミリーアカウントはいろいろな活用ができます。

 

③スマホ、パソコン、テレビ、ゲーム機で見ることができる

利用できるデバイスは

  • スマホ  → アプリ または ブラウザ
  • パソコン → ブラウザ
  • テレビ  → スマートテレビ、Fire TV Stick、Chromecast、PS4、Wii U

いろいろな利用ができるので何も文句ないですね。

 

④倍速再生できる

再生画面の右上の設定ボタンから、0.6倍~1.8倍の間で倍速再生が可能です。(一部できないものもあります)

ドキュメンタリーやバラエティなどを急いで見る場合は、意外と重宝しますね。

ほかにもスピーディにコンテンツチェックしたい場面では使える機能です。

 

14万本の見放題コンテンツを観る!

U-NEXTの無料視聴を試してみる

【無料期間中に解約すれば料金0円】

 

使ってみて分かった「U-NEXT」のデメリット

①毎月の請求金額は1,990円(税抜)

1,200円のポイントバックがあるとはいえ、毎月の請求金額は1,990円+税です。

やっぱりほかに比べると、第一印象は高く感じてしまいますね。

 

②毎月の1,200ポイントを消化しないとかなりもったいない

ポイントは6か月の有効期間があり繰り越せるので、新作を見たりすれば消化可能。

ただそれでも、使い道が思いつかない人はもったいない。

 

③ディズニー映画はほとんど課金対象

ディズニーやピクサーの作品については、新作だけでなく旧作もほとんどが課金対象です。

だいたい220円~330円なのでポイント利用でレンタルはできますが、ディズニーコンテンツをメインで観たい人は考えた方がいいです。

 

④海外ドラマはやや少なめ

見放題作品数は670本、レンタル230本。

十分な本数ではありますが、海外ドラマをメインに見る方には NetflixやHuluという選択肢もあります。

 

⑤ホーム画面のおすすめリストがいまひとつ。検索性も改善余地あり。

個人的な好みにはなりますが、ホーム画面に表示されるおすすめリストがしっくりこない。ぼんやり観たい動画を探すときに使いにくい印象です。


例えばNHKオンデマンドの作品で何があるかな~とか、SF映画で何かいいのないかな~とか探すときに、そういうリストがぱっと見当たらない。

よーく探すとカテゴリー別の表示もできることが分かりましたが、とても分かりにくいです。

あと検索についても、ちょっとワードが違うと「該当する検索結果がありません」。あいまい検索やサジェスト機能が充実するといいですね。

配信本数が多い分、こういう機能をもっと強化してもらうと探す楽しみが増える気がします。

 

⑥雑誌、電子書籍はおまけとして考える

そもそも動画配信サービスで雑誌、電子書籍が無料で読めること自体すごいのですが・・・
しかし雑誌は70誌ほどなので、普段「dマガジン」を使ってる私としては少なく感じました。
また電子コミック・書籍については、私は既に「Kindle」メインで購入しているのでそちらを選ぶかなという印象です。

 

まとめ |「U-NEXT」をおすすめしたい人、やめた方がいい人

こんな方におすすめ

  • 映画、アニメ、ドラマをよく見る人
  • 最新作を観たい人
  • 色々なコンテンツに興味がある人
  • 家族で共有しながら、別々に使いたい人
  • NHKをよく見る人、NHKオンデマンドをすでに契約している人
  • アダルトコンテンツを罪悪感少なめで観たい人

上記の方にとっては、月額1,990円でもコスパは良いのではと思います。
ちなみに私は無料期間が終わった後も、継続利用することにしました。

14万本の見放題コンテンツを観る!

U-NEXTの無料視聴を試してみる

【無料期間中に解約すれば料金0円】

 

やめた方がいいかも

  • 毎月1,200ポイントを消化する使い道がない人
  • 国内ドラマの見逃し配信を見るのがメインの人
  • 海外ドラマをメインに見る人 ⇒ HuluやNetflixも検討しては
  • たまに暇つぶしできればいい人 ⇒ Amazon Primeで十分かも

とりあえず、ご興味のある方は無料視聴を試してみてはいかがでしょうか。
31日間以内に解約すれば、完全無料で体験できますよ。

 

 

-U-NEXT

Copyright© BLOG 二兎を追うものは。 , 2020 All Rights Reserved.